タワーマンションの節税効果について

2015年からの相続税法の改正により、その対策として現在最も注目されているのがタワーマンション購入による節税です。およそ、8割の評価減を取ることができるため、相続税の節税効果への期待から現在ではタワーマンションを購入される方が増加傾向にあります。このページではタワーマンションの節税効果についてご紹介していきます。

近年注目されている相続税対策

タワーマンションの節税効果について

タワーマンションによる節税の効果が注目されたのはここ数年です。数年前までは節税の効果は推測の域を出ることがなく、誰もが半信半疑でした。ある、相続税専門の税理士が計算により節税の効果があると認められたことから、現在では当たり前のように相続税の節税対策として知られています。当時では一部の人ののみが知っていた節税対策でした。

節税の効果

タワーマンションなどの高層の建物は土地そのものよりも上部の空間を利用しており、土地の価格よりも分譲価格の方が高いことから、相続税評価額が低くなる傾向にあります。資産の価値を圧縮することができますので、相続税を低くすることができます。また、高層階になればなるほど相続税評価額は低くなりますので、タワーマンションは節税に大きな期待ができます。

タワーマンション購入のタイミング

節税の効果が高いといっても、購入するタイミングを誤ってしまうと、節税効果が半減してしまう場合もあります。不動産の物件の相場は常に一定ではありません。物件の値段が割高な時期に購入してしまうと、その後値下がりしてしまうケースもあります。購入を希望している物件を管理している不動産業者に良く相談するなど、購入すべきタイミングを上手く掴むことが大事です。

タワーマンションの購入を希望される方は今後増えてくる傾向にあります。良い物件をお探しなら早めに行動に移すのがおすすめです。当社では大阪市24区内の賃貸・売買・分譲物件の管理業務を行っております。大阪でタワーマンションのご購入、ご相談なら当社にお任せ下さい。